学校経営方針について

教育目標    「心豊かで、自ら学ぶ生徒」

〜鎌ヶ谷市立第三中学校の教育の柱〜

1、◎ 生徒像・・・ 「感性・耐性・意欲」

・自ら学ぶ生徒
 ・礼儀正しく、思いやりのある生徒
 ・心身共に健康な生徒

2、◎ 学校像・・・ 「静粛・清潔・安全」

・挨拶が飛び交う学校
 ・清潔で落ち着いた学校
 ・明るく活気のある学校
 ・安心して生活できる学校

3、◎ 教師像・・・ 「静粛・清潔・安全」

・生徒から信頼される教師
 ・生徒と共にある教師
 ・「プロ」としての教師

< 本年度の努力点 >

 ・基本的な生活習慣の確立
 ・わかる授業の展開
 ・基礎基本の習得
 ・自主的な活動の支援
 ・特別支援教育の充実

本年度の指導の重点
 1、学習指導
  基礎基本の習得(読み・書きの重視)
  学習の個別化を中心にして、学び合う集団の育成
  体験的な学習を通して「生きる力」の育成
  評価基準の確立

 2、道徳教育
  道徳の授業の充実
  指導方法の工夫・改善
  全教育活動の中で、モラルの高揚

 3、特別活動・進路指導
  生徒会活動の活発化(協力・信頼の育成)
  リーダー育成と自発的態度の育成
  ボランティア活動の推進
  個の特性を生かした進路指導の充実

 4、生徒指導
  一人一人の生徒との信頼関係の確立
  基本的な生活習慣の確立
  個性を生かし、生徒個々の良さを伸ばす指導
  問題行動の早期発見及び保護者・地域との連携の強化

 5、教育相談、特別支援教育・・・個に応じた指導
  生徒一人ひとりの人権意識の高揚
  スクールカウンセラーとの連携と教育相談活動の充実
  配慮を要する生徒への支援、援助を推進

 6、健康体力の増進
  たくましい体力と粘り強さの育成
  危険予知能力及び自己管理能力の育成
  部活動の活発化

 7、環境整備と美化活動
  清掃活動の充実
  安全点検の日常化
  不良箇所の早期改善

 8、研 修
  広い視野と教師の意識改革
  日々の研修とその成果の活用
  専門教科の研鑽と人間性を高めるための研修
 
 9、保護者・地域との連携
  連携の強化と地域教育力の活用
  地域行事への積極的な参加